各種設定マニュアル

各種設定マニュアル

セキュリティの設定

迷惑メール対策 ご利用ガイド

メール着信許可とメール着信拒否を組み合わせることで、より高度なフィルタを行えます。
迷惑メールフィルタと上手に組み合わせて、迷惑メールを完全シャットアウトしましょう!

 

 

 

メールが弊社サーバに到達すると、まず送信元判定が行われ、危険な送信元からのメールが除外されます。
次に、「①着信許可」判定が行われます。受信したいメールを選択します。(お客様の任意)
続いて「②着信拒否」判定が行われます。受信したくないメールを選択します。(お客様の任意)
最後に「③転送設定」判定が行われます。条件に一致したメールを、指定したメールアドレスに転送することが出来ます。

 

 

まずは受信したいメールを設定しよう!

まずは必ず受信したいメールの設定を行いましょう。
(本設定を行っても送信元判定で安全な送信元ではないと判定された場合は受信できません)
設定は「メール着信許可設定」で行います。
着信許可したメール以外は全てサーバから削除する(選択オプション)ことも可能です。

 

 

 

迷惑メールを拒否したい!

迷惑メールフィルタを利用しましょう。
設定は「メール着信拒否設定」で行います。
自動フィルタで迷惑メールと判定されたメールにはメールの件名(Subject)に[MEIWAKU]と付加されます。
迷惑メールと判定されたメールをサーバ側で削除する(選択オプション)ことも可能です。

 

 

 

別名アドレスを設定したので、元々のアドレス宛てに届くメールは必要ない

設定は「メール着信拒否設定」で行います。

デフォルトフィルタを利用すると、別名メールアドレスしか利用しない場合には、元のアドレス宛てのメールを受信せずに削除する事ができます。

別名メールアドレスを設定しても、メールアドレスの実体は同じ為、別名アドレス宛てのメールも、元のアドレス宛てのメールも届きます。※詳しくはメール別名設定をご覧ください。

 

 

 

特定のメールを拒否したい

設定は「メール着信拒否設定」で行います。

カスタムフィルタを利用すると、メールアドレスに指定した文字列が含まれるメールを削除することが出来ます。この他に、カスタムフィルタ設定では、受信者(to)アドレスや、件名(subject)に特定の文字列が含まれるメールを拒否できます。

 

 

 

ページトップへ